【コラム】Vol.32 節電で夏を乗り切れ

猫に関するあれやこれや

Vol.32 節電で夏を乗り切れ

夏は暑い。2022年の夏も猛暑となる見込みだそうです。気象庁が発表した「夏の天気予報(暖候期予報)」によると、インドネシアやフィリピン周辺の海面水温が高く、偏西風がいつもより北の方を通るため、太平洋高気圧が北に張り出して、日本付近は高気圧に覆われて暑くなるそうです。
これはまずい。猫さんだって、熱中症の危険があります。でも、冷房のつけっぱなしも身体によくなさそうだし、電気代だってオソロシイ…。
今月は、2011年5月号(通巻12号)の巻頭特集を加筆・抜粋してお届けいたします。あれから10年以上経っていますが、夏を乗り切る基本は同じです。

 

 

猫カフェさんに聞いてみた!!

たくさんの猫さんが暮らしている猫カフェさんでは、いったいどんな対策を講じているのでしょうか?
2011年5月、編集部は北から南まで全国各地の猫カフェさんにお電話でお話しを伺いました。「今年の夏はどんな暑さ対策を取る予定ですか?」
まず、暑いのが苦手な猫さんのための空調について。
お客様のことを考えても、まるきりエアコンを入れないワケにもいきません。それに、夜は無人になる場合が多い猫カフェさんでは、夜間の温度管理はどうしているのでしょう。
一番多かったお答えが「温度管理はゆるめに設定」。今年に限らず、いつもの年から「冷房は極力控えめ」という猫カフェさんが大半を占めました。温度設定は、猫さんが一番快適に過ごすとされている24~25℃というお店が多かったですね。
長野県・松本の猫カフェさんでは、猫さんが風邪を引かないように27~28度をキープ。「猫さんは冷房が嫌いですよね。特に、仔猫は冷えと乾燥で風邪を引きやすいので、お客様には汗ばむ程度の室温でガマンしてもらってます」。ビバ!猫様優先^-^;
名古屋の猫カフェさんも27℃設定。「冷たい空気は下に溜まるので、空調は控えめにして扇風機で空気を攪拌しているんですよ」。
東京・池袋のお店では、空調を使いません。その分、サーキュレーターで空気を循環。涼しい風を送っているそうです。
広島県福山のお店でも夜は空調を切っています。ケージごとに新鮮な水をたっぷり用意して、あとは扇風機。ビル内にあるという立地もあるかもしれませんが、結構ヘイキとのこと。寒さよりは暑さの方が凌ぎやすいのでしょうね。

 

冷却シートはマストアイテム

暑さ&節電を両立するアイテムとして、多くの回答を集めたのが「冷却シート」。多くのカフェで活躍していました。
大分の猫カフェさんも夏は空調にプラス扇風機ア~ンドアルミタイプのクールマット。 前出の池袋のお店でも、ジェルタイプの冷却シートを用意。「夏場はシートの上で猫さんが大漁」という光景も。「うちの仔は流水が好きな仔が多いので、ウォータードームを用意して、いつでも新鮮な水が飲めるようにしています」。
名古屋市中区のお店では、ベッド以外の場所にもクールマットを敷いているそう。神戸の猫カフェさんもクールマットを用意するとのお話しでした。同店では、網戸を使って換気もまめにして自然の力も活用しています。これは、大きな窓がある厚木の猫カフェさんも同様。2面の大きな窓を開けて涼しい風を呼んでいるとのことでした。
猫さんは、気持ちいいところをみつける天才ですから、夏場はフローリングが大人気。横浜の猫カフェさんでは、冷房が苦手な猫さんのために冷房控えめ。「猫が自分で涼しいところを見つけて、フローリングでごろごろしています」。品川の「フローリング&半地下」という涼しさ十分のお店では、ツボがおいてあって、ふだんはツメ研ぎが入れられていますが、夏はツメ研ぎを撤去。「涼を求めて猫が壷に入ってます」。か、可愛い。
アイビーなどを利用して、グリーンカーテンみたいなことも考えているお店もありました。

 

電気要らずの暑さ対策

ムリをしなくてもちょっとの工夫で暑さを和らげる方法を集めました。
できることから始めてみませんか?

 

<通気をよくして涼風をとりこもう>

窓を大きく開け放てば、自然の涼風が部屋の中を駆けめぐります。冷房が苦手な猫さんも、自然の風なら満足♪マンゾク♪♪

● 網戸にしたままドアロック

開け放しだと、防犯上の心配があるという方に。サッシを開けたまま、固定できるストッパーが出ています。

 

<体温調節のお手伝い>

猫さんは体温調節が苦手な生き物。快適に夏を乗り切るお手伝いをしてあげましょう。

● 新鮮なお水を用意

お水をたくさん飲むことは代謝を活発にして夏を乗り切りやすくします。いつでも新鮮なお水が飲める用意を。流水好きな猫さんのために、マルカンさんからウォーターファウンテンという新商品が用意されました。

● ひんやりチーフ

人間用でも大ヒットした、濡らして首に巻くひんやりチーフ。気化熱を利用しても首周りを涼しくしてくれます。

●クールマット(接触冷感キャットブランケット)・接触冷感キャットドームベッド

猫カフェさんへのアンケートでも支持を集めたクールマット。さまざまなタイプが出ています。necosekaiでは接触冷感キャットドームベッドもご用意しています。

https://www.necosekai.shop/user_data/product_introduction_ss

 

<室内の空気を循環させて冷房効率UP!>

そうそう開けっ放しにもできないというご家庭に。下に溜まりがちな冷たい空気を攪拌して、お部屋全体に届けましょう。

● 扇風機

サーキュレーターと比べて優しい風を送ってくれるのが扇風機です。

● サーキュレーター

空気をかき混ぜるための送風機です。扇風機より風が強く、効率的に空気を攪拌しますが、音がうるさいかも。

● シーリングファン

大きな空気の流れを作るシーリングファン。おしゃれなのもポイント高いです。

 

<光を遮って温度を上げない!>

太陽光を上手に遮って、お部屋やベランダの温度を上げない工夫も大切。カーテンなどが威力を発揮します。

● 遮光カーテン

外からの光を遮る遮光カーテン。断熱性もあるので、冷房効率を上げてくれます。ただし、遮光等級一級クラスになると、ほんとに真っ暗になるので、リビングなどでは遮光レースカーテンくらいにしておいた方がベターかも。

● グリーンカーテン

腕に自信のある方は、ゴーヤやキュウリで緑のカーテンに挑戦!収穫&省エネのダブルでうれしい自然派遮光です。

● すだれ/遮光シート

夏のベランダは過酷な環境。グリーンカーテンを育てていなくても、上手に光を遮れば、日陰を作ることができます。鉢植えなどを育てている人は、ベランダに直置きではなく、スノコや煉瓦の上に置いて。

● 打ち水

熱くなるベランダは、打ち水してクールダウンを。室外機にもお水をかけるとよいでしょう。ただし、集合住宅では階下に水漏れがないようにご注意くださいね。

 

知恵とアイデアで賢く夏を乗り切ってください!

 

記事協力 / 猫とも新聞
2022年5月22日更新

ショップにいる子猫 pick up!!

ラガマフィン

ラガマフィン/2022.07.01 吉祥寺本店 入店

ネコセカイNo.20220628K001 猫 種:ラガマフィン 性 別:♂男の子 カラー:クリー…

ネコセカイフォトギャラリー

ページ上部へ戻る